歯科とスリィディと私

愛する患者の為いち歯医者が3Dプリント技術と戦うブログ。たまにギークな話題も。

3Dプリンタ製の部品と壁美人で棚を作るのに味をしめたので bronzeFill を使って味のある棚を作ってみた

time 2016/01/13

3Dプリンタ製の部品と壁美人で棚を作るのに味をしめたので bronzeFill を使って味のある棚を作ってみた
この記事の所要時間: 28

この前の棚設置記事以来、次々と棚を設置中で若干「棚を設置すること」が目的になりつつあります。

ちなみにこちらはこの前の棚の下にさらに設置した棚。

Jan 12 20161 copy

Jan 12 20162 copy

しかし、同じ棚ばかりではつまらないので、少し贅沢して「年月とともに味が出てくる」棚を作ってみることにしました。

sponsored link

木材は贅沢にウォールナット

前回はアマゾンジャラでしたが、今回はさらに高級木材としてメジャーなウォールナットを使いました。90 × 20 × 2 cm とそれなりの大きさです。

Jan 12 20163 copy

無垢のウォールナット材です。経年して味のある色に変わっていくことでしょう。

壁美人は 12kg 対応タイプ

前回は 8kg 対応タイプを2個使って支えましたが、今回は棚が大きいこともあり、12 kg タイプを2個使いました。

ブラケットは bronzeFill を使い3Dプリンタで製作

Jan 12 20161

bronzeFill は以前お伝えしたとおりブロンズの粉が含まれたフィラメントで、なかなかお高い部類のフィラメントです。これを贅沢に使用してブラケットを製作。

Jan 12 20162

無垢のウォールナットの色と奇跡的にマッチするという。

bronzeFill は造形したあとからジワジワと緑青が表面に発生したりして時間の経過とともに味が出てきます。

いざ、設置

Jan 12 20163

普段使っている iMac の上に設置。最初は圧迫感がありましたが、数分で慣れました。

Jan 12 20161 copy copy

とりあえず好きなモノを並べてみたり。

問題点

今回、「年月とともに味が出てくる」のを目標に棚を設置しましたが、ウォールナットはおそらく手の脂で少しずついい味が出てくると思いますし、bronzeFill もいい感じに味が出てくるはずですし、壁美人により 24 kg まで問題ないはずなんですが・・・。

心配しているのは bronzeFill で製作したブラケットの強度です。もともと若干やわらかい感じのフィラメントですし、造形後も手で研磨できる程度にやわらかいので、年月とともにブラケット部分が荷重に耐え切れなくなるのかな〜・・・と。

まぁ、その頃にはもっと良い 3Dプリンタの材料が出ていると思いますので、それで作り変える予定ですが(^_^;)

というわけで、こちらからは以上です。

sponsored link

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

M3D造形物

告知

3Dプリンタを比較検索できるサイトを作りました。
ブログともども宜しくお願い致します。
Sep 27 20151

3D Printer



sponsored link