歯科とスリィディと私

愛する患者の為いち歯医者が3Dプリント技術と戦うブログ。たまにギークな話題も。

CT や MRI データを STL 形式に変換した際に周囲に生じる小さなツブツブ(ノイズ)を除去する方法

time 2015/02/27

CT や MRI データを STL 形式に変換した際に周囲に生じる小さなツブツブ(ノイズ)を除去する方法
この記事の所要時間: 21

風邪でずっと体調を崩しておりました。この時期、気を付けても健康を維持するのはなかなか難しいですよね。というわけで、無事にブログを再開していこうと思います。

先日、CT や MRI データを STL 形式に変換する方法を記事にしましたが、その先の「3Dプリントするための小技」を書き忘れましたので、別記事にしました。

sponsored link

STL 変換直後のノイズ

CT や MRI のデータを STL 形式に変換すると、断層撮影によるノイズがどうしても残ってしまいます。

Feb 27 20151 (1)

矢印のものがノイズ。

当然ながらこういうものが残っているとスライサーによってはエラーを生じますし、できることなら取り除いておきたいものです。

MeshLab を使う

ノイズの除去には、3Dメッシュデータの編集・変換ソフトとして有名な MeshLab を使います。

まずは、ダウンロードして STL ファイルを読み込みます。

Feb 27 20155

「Select Faces in a reatagular region」と表示されるアイコンを押すことで、本体の周りに浮かんでいるノイズを範囲選択できるようになります。

Feb 27 20154

ノイズ部分を範囲選択すると、画像のように赤く表示されます。

Feb 27 20153

メニューから「Filters」→「Selection」→「Delete Selected Faces」を選択し、ノイズを削除します。

Feb 27 20152

先ほどまであったノイズが綺麗さっぱりなくなっています。

おまけ:表面処理

CT や MRI のボクセルサイズによっては STL データの表面が粗い場合があります。当然ですが 3Dプリンタが優秀であればあるほどそれを完璧に再現しますが、そんな粗い表面が欲しくない場合は、表面をスムース処理することで粗さを軽減させることが出来ます。

Feb 27 20151

MeshLab の「Filters」→「Smoothing, Fairing and Deformation」→「Laplaction Smooth」を選択。

Feb 27 20152 copy

粗かった表面が・・・

Feb 27 20151 copy

このようにスムーズになります。

まとめ

MeshLab はとにかく多機能で使いこなすのは難しいですが、特定の目的にはこうする、というのを覚えてしまえばとても便利なソフトなので、今後も小ネタとして取り上げていきたいと思います。

sponsored link

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

M3D造形物

告知

3Dプリンタを比較検索できるサイトを作りました。
ブログともども宜しくお願い致します。
Sep 27 20151

3D Printer



sponsored link