歯科とスリィディと私

愛する患者の為いち歯医者が3Dプリント技術と戦うブログ。たまにギークな話題も。

歯科用ワックスペンで PolyFlex の 3Dプリント造形物の剥がれを修正してみた

time 2015/05/28

歯科用ワックスペンで PolyFlex の 3Dプリント造形物の剥がれを修正してみた
この記事の所要時間: 123

歯科用ワックスペンで PLA の造形物を綺麗にしてみる、に引き続き ABS の造形物を綺麗にしてみる、もうまくいきました。

今回はフレキシブルフィラメントである PolyFlex ではどうなるのか、試してみました。

sponsored link

底面と外壁の間に起こりがちな剥がれを直す

今回ご用意した剥がれはこちら。

May 28 20151

PolyFlex はもともと積層どうしの接着は強いフィラメントですが、プリント時の設定に不備があるとこんな感じに底面と外壁部分が剥がれやすくなったりします。

これを前回と同じく、200℃設定で綺麗に接着してみました。

May 28 20152

こんな感じで撫でて押し付けるように。

May 28 20153

白いのでわかりにくいですが、剥がれは修正出来ました。

PLA や ABS と違う問題点

PLA や ABS と違って ABS のフレキシブルフィラメント独特の粘りがあるので、ワックスペンシルの先に若干粘りつくような感じがありました。

この粘りつく感じが、せっかくくっつき始めた剥がれを再度剥がしてしまったりしたので、ちょっと PLA や ABS とは違ってテクニックが必要な気がします。

また、粘り着く+フレキシブルな素材なために、PLA や ABS のように表面を滑らかに修正する、というのは難しいと思います。

とりあえず、簡単な剥がれの修正ならば補助器具として備えておいても損はないかもしれません。

sponsored link

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

M3D造形物

告知

3Dプリンタを比較検索できるサイトを作りました。
ブログともども宜しくお願い致します。
Sep 27 20151

3D Printer



sponsored link