歯科とスリィディと私

愛する患者の為いち歯医者が3Dプリント技術と戦うブログ。たまにギークな話題も。

歯科用ワックスペンで PLA に引き続き ABS の 3Dプリント造形物を綺麗にしてみた

time 2015/05/11

歯科用ワックスペンで PLA に引き続き ABS の 3Dプリント造形物を綺麗にしてみた
この記事の所要時間: 116

歯科用ワックスペンで PLA の造形物を綺麗にしてみるのはうまくいきましたが、より軟化温度が高い ABS ではどうなるのか。

試してみました。

sponsored link

サポートの真上に起こりがちな荒れを直す

今回ご用意した荒れはこちら。

May 11 20152

サポートの真上に来る部分はこのようにサポートの一部が残ったり荒れがちです。

これを前回と同じく、200℃設定で綺麗にしてみました。

 

May 11 20151

ちょっと光量が足りない写真ですが、荒れは綺麗になっていると思います。

PLA と違う問題点

PLA と違って ABS の軟化温度は高めですので、200℃ のワックスペンシルを押し当てていても、簡単には軟化しませんでした。

軟化しないわけではなく、じっと押し当てているとじわじわと軟化して修正することが可能でした。250℃まで上げられるワックスペンシルならば修正時間も短縮できるかもしれません。

ただし、写真をよくよく見るとわかることなのですが、黄色いはずの表面が若干茶色っぽくなっている部分があります。これは ABS 樹脂の中に含まれている顔料か何かが焦げたのかな?と予測していますが教えて誰かえろいひと。

とりあえず、簡単な修正ならば補助器具として備えておいても損はないかもしれません。

sponsored link

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

M3D造形物

告知

3Dプリンタを比較検索できるサイトを作りました。
ブログともども宜しくお願い致します。
Sep 27 20151

3D Printer



sponsored link