歯科とスリィディと私

愛する患者の為いち歯医者が3Dプリント技術と戦うブログ。たまにギークな話題も。

契約している有線のノイズが酷いので、自分で院内BGM環境を整えてみた

time 2015/01/18

契約している有線のノイズが酷いので、自分で院内BGM環境を整えてみた
この記事の所要時間: 217

今回は 3Dの話題ではなく、かといって歯科の話題でもない、診療所の BGM 環境を整えたよってだけの話です。

随分昔から診療所の BGM は有線放送を流していたのですが、昨年末から急激にノイズが入るようになり、なんとかしてくれと頼んだら「大がかりな工事が必要なので・・・」と言われたので、もう来年の契約更新はせずに自前で BGM 環境を整えてやろうと思い立ったので、まずは有線放送の会社からレンタルしている機械を取り外し。

IMG_0427 copy

結構長く使っていたのでなかなかに汚れております。

さて、取り外したはいいけども、代わりの BGM 環境をどうしようか、という話。

幸い、スピーカーに関しては診療所の天井にもともと備え付けてあるものなので、アンプと音源さえあれば簡単に BGM 環境は構築可能でした。

アンプとして購入したのはこちら。

中国製ですが、この低価格にしては高評価なので、購入してみました。実際、レビューどおりでなかなか音質は良かったです。

続いて音源出力部分。適当な Mp3 プレイヤーでいいか、ということでこちらの製品を。

そこそこの大きさの液晶が付いている Mp3 プレイヤーの中では安価なので、これを選択しました。

最後にアンプと音源を繋ぐミニケーブルを購入。

そして設置するとこんな感じに。

IMG_0428 copy

片隅にすっきりコンパクトに収まりました。

流す BGM は、適当なイージーリスニング系の CD から突っ込みました。著作権の問題は、医療機関での利用に関しては JASRAC は何も言ってこないので、問題ありません。

有線放送に年間3万5千円くらい支払っていたので、ノイズが入ったのを機会に一新してしまいました。

一万円以下で音源部分とアンプ部分が揃うなんて、本当にいい時代になったものですね。

 

sponsored link

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

M3D造形物

3D Printer



sponsored link